業務内容
相続登記
家族が亡くなったときに、不動産や預貯金の名義変更が必要になります。すみやかに手続きをしないと、複雑な手続きが必要になるおそれがあります。
遺言書の作成
将来、残された家族の間でもめ事にならないように、財産の多少にかかわらず遺言書を作成される方が増えてきています。
売買や贈与の登記
不動産を売り買いした・贈与をした(うけた)場合、登記をすることによって権利を公示します。
抵当権の設定、抹消の登記
不動産の売買と併せて住宅ローンを借りる場合、あるいは住宅ローンを完済した場合、抵当権を公示・抹消する手続きです。
会社の設立や変更の登記
会社は設立の登記をすることによって成立します。また、成立後も本店が移転したり、役員の変更があったりということが出てきます。
農地転用、建築許可、建設業の許可
市街化調整区域内では厳しい規制があり、許可がないと農地転用や建物の建築ができません。